建物外装の改修方法~外壁塗装、カバー工法、葺き替えの違い~

2020年1月24日更新

建物の外装のメンテナンス、改修方法にはいくつか選択肢があります。

一般社団法人 ⽇本⾦属屋根協会の「⾦属の屋根と外壁」という冊子に、

屋根や外壁の改修方法が記載されています。
大まかには、塗り替え、カバー工法、葺き替えと いう3つの工法について記載されています。
ここで、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

 

1, 塗り替え(塗装工事)

建物の改修方法の最も手軽な方法は、塗り替え= 塗装工事と上記書籍にあります。

価格的にも比較 的安価でできると記されています。

私たちは、塗装は劣化の程度が浅い建物で、外装の美観を維持する目的でオススメしていますが、

劣化の程度が進んだ建物では、塗装ではいけないのです。

 

塗装ではダメな場合も

 

塗装ではダメな場合も
塗装ではダメな場合も
塗装ではダメな場合も

 

2, カバー工法(重ね葺き工法)

屋根も外壁もカバー工法というものが存在します。

すべて建物に適用できるわけではありませんが、

利用できる場合は非常にメリットの大きい施工方法です。

既存の屋根やサイディングに、ガルバリウム鋼板という

非常に軽量でありながら、

30年(製品に よる)という高い耐久性を誇るカバー材で、

既存の屋根壁に重ね張りするため、断熱性や、防音性も上がるという優れものです。

屋根防水工事

 

 

3, 葺き替え工法

これは、既存の屋根材、あるいは外壁材(サイディング等)をはがして、

新たな外壁材を葺く工法です。

既存の屋根壁材をはがして撤去する必要があるため、

カバー工法と比較して、費用、工事⽇数もかかります。

ただ、外装材の内部が劣化している場合には、

屋根壁材をはがして、内部の補修から⾏う必要があります。

 

 

まとめ

建物の状態によって、どの工法がいいかは様々です。

私たちは塗装もカバーも葺き替えもすべて自社施工で対応可能なため、

その建物と状況に合わせて、ベストな工事が選べるのです。

施主様が⻑く住まうご自宅であればなおさら、

本当に⻑持ちする工事は何のか、当社にご相談頂きたいと思います。<> お気軽にご相談ください。

塗装ではダメな場合も

山梨県の屋根工事・外壁塗装・防水工事専門店
株式会社LOHAS
https://lohas-reform.com/
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条517-1

お問い合わせ窓口:050-3628-9082
(8:00〜21:00 土日祝も営業中)

対応エリア:山梨県全域対応

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://lohas-reform.com/case/
お客様の声 https://lohas-reform.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡日本屋根診断士、窯業系サイディング施工士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://lohas-reform.com/inspection/

★塗装?葺き替え?カバー?工事の前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://lohas-reform.com/contact/


山梨のお客様の声

屋根工事・外壁塗装の
施工事例

山梨県地域密着施工!
ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 外壁診断士
  • 木造建築大工一級技能士
  • 木造建築大工二級技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 水谷ナノコンポジット認定店
  • アステック認定店
  • アドグリーンコート施工認定店
  • ゴンドラ特別教育終了
  • 関西ペイント認定業者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 他、多数

News & Topics